西田酒造店の蔵人が写真を公開
by densyukurabito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「長年の・・・」後編
前回からの続き


2009年の春、酒米つくりに対するモチべ-ションをあげる一つの出来事があった。


全国新酒鑑評会で県産米(華想い)で金賞を頂くことが出来たことだった
(酒米「華想い」は栽培地域が限定されてます。おもに弘前地区)


弘前のお米よりも品質の良いものをと・・・・


そして二人の蔵人による酒米つくりが始まった
b0192069_11572074.jpg

画像=2009年、収穫前の「華吹雪」


酒米つくりも経験を重ねた3年目


新たに酒米「古城錦」の栽培に取り組み始める


この酒米「古城錦」は青森県の初代酒造好適米ですが、数年ほど栽培されただけで


のちに栽培されなくなった酒米です。  その後、当社が種籾を見つけ、現在では


全国でも当社でしか使用してない大変、希少な酒米です。
b0192069_1272815.jpg
b0192069_1284855.jpg

画像=酒米「古城錦」の田植えと圃場


そしてついに今年、長年の夢だった地元米100%(油川地区産)での純米大吟醸を750k




仕込み2本を精米歩合35%で仕込むことができました。





(去る11/12・11/13日に仕込み済み)



地元でとれた米で、地元の水で、地元の人々で醸される酒



時を越え、百年、二百年と愛される酒でありたい。



そんな想いを込めたお酒


搾りあがった時、どんな気持ちになるのだろう・・・
[PR]
by densyukurabito | 2012-11-25 08:00 | Hosokawa
「長年の・・・」前編
かれこれ十年ほど前のことだろうか・・・


酒蔵写真家「名智健二」さんの紹介で「天の戸」を醸す浅舞酒造さんを見学させていただいた。


森谷康市杜氏に蔵、酒米の圃場などを案内してもらい


話のなかで「全量を地元の酒米を使用し地元の農家さんのお米だけで酒を仕込んでる」


と言うお話を伺い、いたく刺激になったことがありました。


そのころ当社の地元、油川ではヤマセ(海から吹く風)などもあり酒米栽培地域から


除外されてました。当時「天の戸」に同行した蔵人(農家)も秋田でみた酒米の圃場に


魅せられ、「いつか必ず油川でも酒米を」と・・・




b0192069_7501667.jpg

画像は2009年の酒米「華吹雪」の圃場

それから数年後、ついに油川でも酒米つくりが始まった2009年のことだった。


次回に続く
[PR]
by densyukurabito | 2012-11-19 07:57 | Hosokawa
「すぐそこ」ですよ。
今朝は、冷え込んだみたいです。


もう、冬はすぐそこまできてます。


皆さん、早めの冬支度を
b0192069_11444187.jpg


それと今日は



東北清酒鑑評会の表彰式



事情により蔵の方を離れるわけにいかず



表彰式には行けませんが・・・・



「純米」の部で優等賞をいただきました。



「吟醸」の部は残念ながら・・・・・



また来年、頑張ります。
[PR]
by densyukurabito | 2012-11-15 12:00 | Hosokawa
「仕込み27号」
11月になり


すっかり秋らしくなってきましたね~



で・・・


b0192069_11232655.jpg



今年もFuture4(F4)純米吟醸



今年も昨年と同じ11/5に仕込み完了!




もちろん4蔵、同日仕込み!(鳩正宗・じょっぱり・松緑・田酒)

b0192069_1128223.jpg


仕込み温度もジャスト!!!



これから1ヶ月ほど?で搾りの予定です。
[PR]
by densyukurabito | 2012-11-06 11:30 | Hosokawa